中古物件でマンション経営してみたら?

中古マンション経営で最も大事なものは、【不動産業者選び】と【物件選び】と【空き室リスクの回避】です。

中古物件でマンション経営してみたら?

中古マンション経営【不動産業者選び】と【物件選び】

中古マンション経営で最も大事なものは、【不動産業者選び】と【物件選び】です。なぜなら、専門的な実務は代行が可能だからです。そのため大事なのは実務ではなく、最初の選定です。ここで失敗してしまうと、利益が得られないだけではなく、損失をこうむることになります。不動産業者は数え切れないほど存在し、その中から選ぶことは至難の技だと思います。ここで一つの目安になるものが、【販売網が広い大手不動産業者】を選ぶことです。この理由は、いざという時にすばやく【現金化】出来る点です。大手の不動産業者はメインとして【自社物件】を扱っていて、売却の際は【リセール物件】として扱います。多彩な販売網が、すばやい対応・すばやい現金化につながります。
マンション経営の主たるリスクに【空き室のリスク】があります。この【空き室のリスク】は不動産業者をしっかり選んでおけば回避することが出来ます。マンション販売を行う不動産業者には、【家賃保障サービス】があります。5年から30年などローン終了までの【家賃保障サービス】に入れば、【空き室リスク】を回避することが出来ます。そのため【家賃保障サービス】を行っていない不動産業者とは取引をしないほうが良いです。【物件選び】で重要なことは、【人が多く集まる都心部の物件を購入すること】です。地方物件、特に地方のワンルームマンションなどは、価格が安くても入居者が見つかりません。地方でワンルームマンションの需要は、とても少ないです。価格で決めず、将来的に採算が取れるかどうかを考え、物件を選ぶことが必要です。いくら価格が安い物件でも、利用者がいなければただの【負債】となります。