中古物件でマンション経営してみたら?

新築マンションを購入するよりも、中古物件を購入してマンション経営したほうが利回りは高いでしょう。

中古物件でマンション経営してみたら?

中古物件で高利回りのマンション経営

マンション経営をするためには、まずマンションを入手する事が必用になります。土地を所有しているのなら、その土地にマンションを建てるという事もできます。新築マンションというのは、それだけでも大きな魅力となりますから入居者は見つかりやすいと言えるでしょう。ですから、新築マンションを入手するというのも一つの方法です。
しかしながら、新築マンションのデメリットとして、価格が高くなるということが考えられます。賃料収入が同じで価格が高ければ、利回りが低下するというのはよく分かるでしょう。中古物件なら安く購入する事ができると思います。中古物件を購入するメリットはこの点にあると言えるでしょう。
安く購入すれば、それだけ高い利回りを得る事ができるでしょう。ですから、高い利回りで運用するためには、中古物件というのは適していると考えられるのです。ただし、あまりにも古すぎるというのは良くないでしょう。古すぎれば、大きな改修をすることが必用になる場合もあります。改修に費用がかかってしまうと、利回りも低下する事になります。ですから、中古マンションを購入するときには、購入価格と必要なリフォームの費用との合計を考えておくということが必要となってくるのです。これを取得価格として利回りを計算するべきでしょう。あるいは、改修の必要のない中古物件ばかりを選ぶというのも良いと思います。損傷が少なくて改修の必要のないものを選ぶ事で、利回りを高められるのです。